MENU

『Le ment-ルメント-』サロン仕様ヘアケアブランドのこだわり

Le ment(ルメント)

 

高濃度炭酸と頭皮・髪の悩みに特化した『Le ment-ルメント-』

 

美容室でしか味わえなかった手触りや感動をより身近に感じて欲しいという思いから誕生しました。サロン帰りの手触りを実現する『Le ment-ルメント-』の4つのこだわりを紹介します。

アミノ酸系洗浄成分と高濃度炭酸で頭皮をすっきり、髪をなめらかに洗い上げる

強い洗浄成分で油分を落とし過ぎることは髪にダメージを与え、時には傷つけてしまうことも。

 

「ルメント」に配合された刺激の少ないアミノ酸系の成分は油分を根こそぎ落とすのではなく、髪や頭皮に必要な量を適度に残してくれるのです。また、カラーリングをすることで髪はアルカリ性になり、キューティクルが開いてしまいます。

 

いわば、髪の毛の表面がささくれ立って広がってしまっている状態です。こうなるとパサついたり、ごわついた印象の髪になってしまうのです。

 

「ルメント」は髪を本来の弱酸性に戻すことでキューティクルを閉じ、髪を本来の健康な状態へと導きます。そして一緒に配合されている高密度の炭酸は取り除き、頭皮をすっきりさせる役割を担っています。

 

「ルメント」はアミノ酸系の成分と高密度の炭酸により髪と頭皮を健康な状態に導きます。

髪の内部から毛先まで潤いと輝きに満たされる髪へ

「ルメント」は外側の汚れを取るだけでなく、内部からこだわりの保湿・補修することで髪を毛先まで整えます。

 

配合されている高保湿成分のリピジュアは世界からも注目される保湿成分です。その効果は水洗いしてから一時間経った乾燥状態でも髪に高い保湿力を保つことできます。

 

また、同じく配合されている毛髪補修成分のケラチンは髪の毛や皮膚に元から含まれている成分の一つ。ケラチンは保湿成分もさることながら髪の毛を内部から補修して髪を柔らかくしっとりさせつつもハリ・コシのある状態へと促します。

 

そして頭皮のことも忘れてはいけません。ノーベル化学賞を受賞したフラーレンという成分は頭皮のバリア機能に働きかけ、エイジングケアに不可欠の成分です。

 

こうして「ルメント」は髪を潤わせつつも輝きのある美しい状態へと導くのです。

植物オイルをたっぷり配合し、ノンシリコンシャンプーとは思えない指通りと艶髪を実現

ノンシリコンシャンプーのデメリットとしてよく挙げられるのが髪がパサつくという点です。

 

「ルメント」はそんな弱点を克服すべく、数種類の植物オイルを配合しています。頭皮や髪の毛の汚れを落とした後、このオイルが力を発揮します。

 

シリコンシャンプーの場合、シリコン成分が指とおりをする代わりにトリートメント成分の浸透を阻害してしまいます。「ルメント」に配合された植物オイルは髪の毛を保護しながら健康へと導く成分を与えてくれるのです。

 

アルガンオイルは髪の毛に栄養を与えつつ柔軟化や保護する役割も担います。またバオバブオイルは水分を蓄えこむ高い保湿力を秘めています。ノンシリコンシャンプーだけどパサつかず、さらには髪を潤いを保ちつつも美しい状態へと導けるのが「ルメント」に含まれる植物オイルの力なのです。

オーガニック植物エキスを中心に10種類の植物エキスをこだわり配合

「ルメント」には10種類の植物エキスが配合されています。その中にはオーガニック植物エキスも含まれており、安心をお求めの方には心強い味方になってくれることでしょう。

 

植物エキスは肌に潤いを与え、ハリを保つ役割を担っています。肌とはつまり頭皮環境のことで、頭皮を整えることは髪の毛を健康へと導くのに欠かせない要素なのです。

 

「ルメント」に配合されている植物エキスはレモン果実、スギナ、ホップ花、セイヨウアカマツ球果、ローズマリー葉、トウセンカ、ローズマリー、ラベンダー、カミツレ、セージから抽出されたエキスです。

 

殆どが身近にある植物なので、どのような香りや成分が含まれているのかも分かりやすいのではないでしょうか。自然の力を存分に役立てつつ、髪と頭皮を健康へと導くのが「ルメント」のこだわりなのです。

 

Le ment(ルメント)

 

>>公式サイトはこちらから<<